塾に参加して学習能力を向上させる|学力レベルアップ

英語を身につける

学生

英会話を学ぶためには、スクールに通わすことが大切になります。多くの家庭でそういったことを行っていることは少なくありません。そういった英語を学ぶことができる塾では、多くのスクールがあるので選ぶときに注意が必要です。

Read more...

通いたいと思える塾

学生

最近の小学校では、英語の学習を行っています。子供のときから英語に触れることで話をすることができるようになります。そのために、英会話を学ぶ塾なども多くあります。子供が通いたいと思った塾に通わせましょう。

Read more...

塾の費用を知る

塾の価格について知っておきたいこと

学生

子供が小学生になると塾へ通わせ始める母親も増えてきました。最近の傾向としては学年が上がるごとに通塾率があがり、それが9割近くになる中学3年生をピークにあとは激減します。 塾に通わせることで母親として気になるのはその価格です。大きく分けて初期費用と毎月の月謝、そして春夏冬の講習会とお金がかかるのです。 初期費用として入会金と教材費、その他のお金が必要になりますが、これは何科目受講するかによって変わってきます。入会金は免除になるところもありますので、実質は教材費(1科目3000円程度)とその他のお金数千円がかかると思えば間違いないところです。一番お金のかかるのは講習会です。これも受講する回数によって変わってきますので、事前に強制参加かどうかは聞いておいた方がいいでしょう。

これまでの歴史も知っておこう

塾の歴史は意外と浅いとこはあまり知られていません。庶民の間に本格的に塾が広まったのは、高度成長期の後ぐらいです。それでも小学生から塾に行っている子供はまだ少数派でした。 やがて、バブルを過ぎ、少子化が進んでいくと、今度は家庭にいる子供の数も減ったため、一人に対してかけられる教育費が増加します。これにより小学生も低学年から通う子供も増えてきました。 今後の塾はより細かいサービスや多様化したサービスが増えてくると予想できます。そう思う理由は、子供の数が減少していること合わせて、塾業界自体がすでに成熟産業で、どこかで少しずつ方向転換をしていかないと価格競争に陥る可能性が高くなり、大手以外は潰れてしまう可能性が出てくるからです。大手以外が生き残るのはよりサービスを多様化させ、魅力的な業界にすることで十分生き残っていく道はあると考えます。

英会話スクールで学ぶ

学生

最近では、いろいろな塾があります。その中でも多くあるのが、英会話を子供に身につけさせいといったことです。今では、幼稚園や学校でも外国人の講師を呼んで英会話スクールを行っています。

Read more...